読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリラ農園

霊長類としての尊厳を守るためのブログ

ラーメン屋で炒飯だけ食うやつ

バレンタインデーが終わり、チョコを1つも貰えなかった事実から目を背けて平穏な日々を取り戻しつつあった。

バレンタインデーでの傷は完全には癒えていないので、世にはびこるカップルの背骨を引き抜いてやりたいと思いながら新宿を歩いていると、一組のカップルが「すみません、すみません」とか言って話しかけてきた。

俺がなんか落としたのかと思って立ち止まると「この辺で美味しくて有名な飲み屋さんないっすか?」とか言ってきた。自殺願望の強いカップルが殺されに来たほうがまだマシだった。

おばあちゃんの「人に良くしていればきっと自分に返ってくるんだよ」っていう教え(情操教育)がなかったらガン無視キメてたところだった。ちなみにおばあちゃんは店に行くとマイルドクレーマー気質になる節がある事を最近知った。俺は何を信じればいいんだ…

 

しかも注文が多いんだよな、「この辺・美味しい・有名」そこまで条件絞ってんならもうGoogleで位置情報ONにして調べろよスカポンタンがって感じだった。お前なんでお前彼女連れてお前赤の他人のオタクに飲み屋聞いちゃうかなぁ!?

俺もひよりながら「鳥貴族があっちの方にあります」しか言えなかった。もう鳥貴族以外に選択肢がないんだよ、聞いた相手が悪すぎる。

 

そしたら鳥貴族か~みたいな反応した後に「飲み帰りですか?」って雑談ふっかけてきてんだよね、びっくりしちゃった。なんでびっくりしたって職場で言葉を発していなさ過ぎて感情が仮死状態だったんだけど息吹き返したんだよね、そこで。

「ゲーセンでガンダムしてました」ってバカ正直に答えたら「ガンダム!?」とかオーバーな反応されてちょっと道の真ん中だから静かにしてって思ってたんだけど、「最近のゲーセンってガンダムあるんだ!」とか言われて、昔からガンダムあっただろ!もうゲーセンの話はよくない?彼女連れてるし夜の街に消えて愛を語らえよって思ってたら彼女の方も「あの丸いやつに入るやつ?」とか謎の援護射撃し始めて、お前それ戦場の絆じゃねーかそれじゃないわっていう説明とかいろいろしてたら彼氏のほうが「この人面白いなぁ、今度飲みに行きましょうよ」とか言ってんの、頭がパーリナイしてんじゃん既に。アルコール不要だよこのあと無事に飲み屋にたどり着いたとしても。

小学生の頃に知らない人について行っちゃダメってさんざん言われただろガンコちゃん見て情操教育されなかったのかよ。そもそも俺は過去にアキバで話しかけてきた奴と連絡先交換して謎の”コミュニティ”への参加を促されてから知らない人に連絡先を教えないって心から誓ったんだ(そいつはブロックした)

 

本当にこのカップルが人畜無害なカップルだったとしても俺はこのカップルと一緒に楽しく酒を飲める自信がない。なぜなら童貞だから。

以前にそういう前例があったという事を説明した上で連絡先を教える事はお断りした。でも相手が鬼メンタルだったから「今度街で見かけたら是非」とか言ってて俺もうダメかもしれん…

なんかいつも混んでる店があるからそこ教えて俺は解放された。

 

でもよく考えたらさ、食べログを頼れって憤慨するよりもあそこの店が美味いってパッと教えられたらメチャクチャかっこよくない?一瞬でその街が「俺の庭」みたいになるじゃん。食通になろうかな、食通ってモテる?

 

 

 

余談だが、調布には餃子王とかいう食べログを見ると麻婆春雨のレビューとかばっかりで、餃子に対するアイデンティティが崩壊した店がある。

 行ったことはない。