読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリラ農園

霊長類としての尊厳を守るためのブログ

ゴールデンウィークを振り返る

ゴールデンウィークが終わった。

上司に残業以外はなんでもするからという”気持ち”で9連休を取りたいと申し出た俺は、わりとすんなり9連休を獲得できた。

とはいえ、ゴールデンウィーク直前で申し出たし元々9連休を取るつもりでスケジュールを考えていなかったし、学校でゴールデンウィークの予定の立て方を教えて貰わなかったから、まるで予定が埋まっていないままゴールデンウィークを迎える事となった。

ちなみに去年は長野のよくわからん山に行ってたっぽい。なんかしんどかったなあっていう思い出しかない。

 

ゴールデンウィーク初日はオタク達でボードゲームをやって盛りあった。神奈川沖浪裏っていうボードゲームなんだけど、事前にPDFで説明書を配布されておきながら一度も目を通すことはなかったし保存してすらいない。何度かやってルールを覚えると楽しく遊べたんだけど、参加者4人のうち2人が神奈川県民で、神奈川県民の威厳を示すように神奈川沖浪裏で猛威を振るってきた。常にトップを神奈川県民のどちらかが奪い合う醜い戦いだった。

 

二日目はイベントの手伝いをしてから実家に帰り、三日目は軽井沢に行った。俺もなぜ軽井沢に行きたかったのか、自分で自分がわからないが軽井沢を強く所望して行った。目的もクソもなくオタク2人でウィンドウショッピングを敢行しているのが徐々にキツくなってきたので大した買い物をせずに帰ってきた。

 

四日目から六日目は特に何かをした記憶がない。向かいの家に住む幼馴染の友人にゴールデンウィークいつ帰ってくるか聞いて暇だったら飲みに行こうと誘ったんだけど、なんか…俺と飲むほど暇じゃなかったみたいで…暇だったら連絡くれっていって「おお!おっけー!」ってちょっとアゲアゲなテンションの返信が返ってきたまま連絡がくることはなかった。俺はゴールデンウィーク中に飲酒をしていないのだ…

 

七日目と八日目は東京からわざわざ遊びに来たオタク2人を迎えて群馬を観光した。オタクの内の片方は、同棲している彼女が帰省しちゃって絶望的に暇みたいで俺は内心ほくそ笑んでいた。群馬の観光スポットとしてその名を馳せる草津に初めて行ったんだけど、京都住んでる人とかも清水寺行ったりしなくない?たぶんそんな感じだと思う。

草津はババァが何か言いながらお湯をかき混ぜているというイメージが定着していたが、なんとババァがお湯をかき混ぜている光景は有料コンテンツだったから見ることができなかったし、お金払ってまで見たいかと言われると首を横に振る事しかできない。

それよりも、とにかく硫黄臭かった。体調が悪い時に出る屁みたいな匂いがした。そんな匂いが充満している中で、観光客たちは呑気に足湯をかましていた。すでに鼻がイカれてやがると思いながら、足湯に浸かっている人の大半が翁であることを察知し、到着前にぬかしていた「女子大生が浸かっている足湯を飲み干す」という発言を撤回した。見かけた女子大生集団は湯畑の前で自撮りをぶちかましていた。湯畑の前での自撮りは”インスタ映え”するのか?

 

また、オタク4人でグリーン牧場にも行った。ヒツジとヤギと戯れることができる広場があったんだけど、餌(有料)を持っていないと明らかに塩対応になるビジネスライクなアニマルがいっぱいいた。ヒツジがすごい可愛かったのと同時に、俺はマビノギでヒツジの毛をバカみたいに刈っていた事を思い出して罪悪感に駆られた。

オタクの内の1人(マイルドなサイコパス)(妹が可愛い)が馬に乗りたいと言い、乗馬体験を見守ったんだけど、乗った感想を聞いたら「自転車」とだけ言い出して何が自転車なのかよくわからないけどサイコパスの片鱗を感じた。

 

こうしてみると意外と充実したゴールデンウィークだけど9連休からの労働、無理。友達がAV無理っていうシリーズのAVが好きなんだけど俺は労働無理シリーズだよもう。

煙を吐く機械

元ヤニカスだったオタクどもにそそのかされる形でvapeを買ってしまった。

買ってから知ったことだが、元ヤニカスどもはvapeで禁煙をしているわけではなかった。タバコも吸うしvapeも吸っていたのだ。もはや煙を吸えれば手段は問わないのか、俺の理解が及ぶことはない。

 

そもそも喫煙者ではない俺がvapeを買う理由なんぞ1ミリもない。いや、なかった。vapeを吸えばモテるという甘言にそそのかされるまでは。

「vapeを吸ったらモテる」という話ではないという因果を理解した上でも、俺は抗うことができなかった。なぜならモテたいから。

 

しかし、喫煙者ではない上にどちらかと言えば喫煙者を忌み嫌っている身としてはvapeを買うことは暗黒面に身を寄せることと同義である。

 

マナーを守る喫煙者がいる事もわかっているが、歩きタバコをしている人間を見ると「死ね、殺す、殺した」の殺意三段活用が喫煙者全員に適用されてしまうため、喫煙者へのヘイトが蓄積していってしまう。

歩きタバコする奴って何故か歩くのが速くて、ノロノロ歩いてると前を歩かれてしまい、スモークを散布されて不快になってしまう。表面上は非喫煙者や子供の頭の位置にタバコがあるから歩きタバコをやめろと思っているが、この気持ちの本質は「俺が不快だからやめろ」という結論に至った。くさいんだよ!

喫煙者と一緒にいた後に自室に帰ると酸味が効いたおっさんみたいな臭いが衣服から漂ってきて「ゥワッ!!!!」ってなって夜中に洗濯機回して近隣住民に迷惑をかけている。許さんぞ喫煙者め!!!

 

喫煙者を嫌う理由は星の数ほどあるが、俺はvapeを購入し暗黒面に堕ちた。煙を吸っては吐く、人間蒸気機関車のできあがりだ。

とはいえ、わざわざ外で吸う理由もないし、自分のテリトリー以外で吸うことがない。

喫煙所でvape吸ってるとアウェー感がすごいしむせる確率が高いので、一発ではぐれスライムだとバレる。そもそも喫煙所でvapeを吸う行為自体が、なだらかな自殺以外の何物でもない。

 

vapeを吸った感想としては、甘い味がして美味しいけど、俺の舌がバカなのか味が全部同じに思えてきて誰か助けてってなってる。

 

そして俺は気付いてしまった。出先で吸う場面がないので、vapeを吸ってもモテない。

俺は哀れなトーマスだ…

不健康なオタク

俺は昔から無意味なタイミングで風邪をひくことがある。今月も4月の1週目くらいに風邪をひいて妊婦レベルの行動力しかなくなっていた。よくある気温の変化で風邪をひいちゃうタイプかはよくわからんけど、体格のわりには風邪をひく方だと思う。

そして、今日も無意味に風邪をひいてしまった。というよりも、日曜日からなんとなく頭痛がしていて、休日に症状出すのやめろっつってんだろという怒りを抑えながら頭痛薬を飲んで”気圧”のせいだろうと思って過ごしていた。その日は晴天だった。

朝起きると全身がだるくて頭も痛かった、正直この時点でもう俺の中での労働意欲は-100ポイントくらいだったんだけど俺は身重の体をひきずって職場へ向かう事にした。その思惑の裏には来週に控えるGWの9連休をなんの負い目もなくとるための点数稼ぎという気持ちがあった。

 

4月の頭にもらった風邪薬を持って職場へと向かったが、電車に乗っている途中でどうも倦怠感と吐き気が同時にやってきて「死」を想起させた。もちろんゲロを吐き散らかす社会的な死の事なんだけど。この時点で「あれ、俺もしかして心因性の病で働きたくなくて体調不良こじらせてるのか?」という気持ちになり自分のメンタルが心配になりつつも、途中下車して引き返すことにした。

上司に体調不良だから内科行って様子見しますみたいなメッセージを送り、俺はいつもと違う内科へと向かった。

いつも行っている内科は、THE町医者という感じの診察で、ゲームの買取査定よりも早い診察がされる。なにより風邪認定が絶望的に早く、毎回PL顆粒とかいう万病に効く万能薬を渡されて終わるため、喉の痛みから来る風邪みたいなときはもはやPL顆粒を貰いに行くようなものなんだけど、頭痛と全身の倦怠感は稀なケースなのでやや大きめの病院の内科に行くことにした。

 

内科に着くと、老人の巣窟と化していた。ほぼ受付開始時間と同じくらいの時間に行ったんだけど、老人の朝は早いので開店凸したのだろう。

受付を済ませると30分近く待つことになった。正直待っている間にもどんどん体調がドブみたいになっていき、俺の心の中では老人に対する憎悪が膨らんでいった。完全に逆恨みである。

「あの診察室の中で、もしかして”雑談”かましてんじゃあ~ねえだろうなぁ?」という、老人は内科に話し相手を探しに来てるという前提で怒りを膨らませていると遂に俺の番になった。

 

診察室に入ると、普段行っている内科の数億倍は小奇麗で消毒っぽい匂いもして「これだよこれこれ」って思ってた。

診察自体はわりと普段の内科と変わらなかったが「そこに横になって下さい」と言われベッドで横になり、医者に腹部を押されて「痛いですか?気持ち悪いですか?」というサイコ診察がはじまった。小学生くらいの時もやられたことあるけど、この行為に何の意味があるのかいまだにわかっていない。わりと体重をかけて腹部を押してくるので、当然痛いわけなんだけど、気持ち悪い部分もあった。それを部位を変えて5回以上はやられたんだけどなんだったのか、俺の腹上で北斗七星を描いたのか、謎を包んだままそれは終わった。

 

結局は風邪というオチで落ち着き、頭痛を抑える薬と気持ち悪さを抑える薬を貰った。PL顆粒は出てこなかった。(ジャンキー)

 

家に帰り、カロリーメイトを食ってから薬を飲んで俺は、寝た。様子見して職場へ行くという気持ちはもうそこにはなかった。

昼過ぎにふと目覚めてスマホを見ると上司から様子はどうですか?みたいなメッセージが来ていた。正直ちょっと楽になっていたので向かう事にしたが、この時はすでに13時半だった。職場までは1時間半くらいかかるので、到着が15時というゴールデン社長出勤をかましてきた。上司は「えっ来たの、休みだと思ってた」みたいな事言ってた。俺も何で来たのって言われると思ってたしなんで向かってるんだろうって思いながら行ってた。

職場に着く前からちょっとダルさが復活してきていて、やはりこれは心因性なのではという気持ちを抱えながらも、適当に昼食をとって薬をのんだんだけど、当然職場についた直後に眠気がやってきていた。抗えねぇンだ、これが。赤ちゃんだから。

 

体調管理には気を付けろっていうけど結局風邪ひくときはひいちゃうんだよな。特にジジイとかはマスクしないできったねえ咳するし電車でハナクソほじった後につり革使うジジイもいるしジジイはありとあらゆる感染症ベクターだといっても過言ではない。

 

「家系ラーメンが風邪に効く」とか言って食ったけど結局初期症状でてたらアレ多分意味なくない?なかったんだよね…

健康には気をつけよう

 

男はどれだけスカしててもベースがバカ

中学一年の頃、特に男子から人気があった女子達がいた。

6割くらいはそのアイドル性が高い部活に入っていたという事もあったけど人気だった。

 

小学生あがりの変声期が来てるか来てないかという段階、陰毛が生えているか生えていないかの瀬戸際の段階である中学一年生。動物園の猿山レベルの知能で構築されたネットワークには常にその女子達の話題があった。

 

入学して間もなく、林間学校があった。

いや、都会の人は林間学校するかわからないけどわざわざ山にある施設に泊まりに行って皆でなんかして””絆””を育むやつです。

 

林間学校の食堂はべらぼうに臭く、各クラスごとに男子が一か所に集められて雑魚寝する部屋も当然臭かった記憶がある。

男子部屋が並ぶ一本の廊下の先には女子部屋が連なっており、廊下に漂う空気のみを男女間で共有していた。当然のことながら男女間で部屋を行き来するのは禁忌(タブー)となっており、雑居房のような部屋で同性同士仲睦まじく語らうための粋な計らいがそこにはあった。

 

童貞しかいないため、会話には公平性があり、そこにはカーストが存在しない平和な世界が存在していた。そんな中、色恋沙汰の話題が出ないわけもなく、当然人気高い女子の話題になった。

そこで、男子たちの中で常にホットな話題である彼女達は暗号化された。特に人気が高く名前が上がりやすい3人は「A」「B」「C」の呼び名が割り当てられた。

当然カップ数の事ではない。そもそも童貞はカップ数がわからないし、アルファベットが後ろに行くにつれ日常生活に支障をきたしていくという事くらいしかわからない(俺は今もわかってない)

発案者はたぶんメン・イン・ブラックを見てからそう時間が経っていなかったのだと思う。

 俺はA派だった。

だからといってその後なにかあったわけでもなくこの話は終わりなんですけれども。

 

 卒業するまでその暗号は用いられていたけど、本人たちがその呼び名に気付いていたかどうかは定かではない。

 

 

最近、楽しかった思い出だけが記憶として呼び起こされるので楽しい思いをしてえ。

気が狂うほど楽しいゴールデンウィークにしてえ。

オタクたちだけでサイクリングに行くやつに誘われたけどオタクだけでサイクリングて、業を背負いすぎでしょ。サイクリングして流すのは汗じゃなくて涙なんだよな。ゴールデンウィーク実家に帰っておばあちゃんのヒモになるか。

 

でも一つだけ予定埋まったよ、同人イベントの手伝いだけど……………あ?

花見で一杯

じんわりと温かくなってきた。知らない間に桜(梅か?)も咲いていた。

春か?

つまり超絶花見ごろなワケですが、花見のご予定はありますか?僕はないです。したいですね、花見。ちなみにゴールデンウィークの予定も空白です。行きたいですね、旅行。

別に桜が見たいというガーリッシュな趣味があるわけじゃなくて花見という大義名分をかざして外で酒飲んだりしたいよねって話ですよ。

屋台がいっぱいある花見スポットだと、誰かがどっかで買ってきた食べ物が異様にウマかったりして趣がある。趣てえ…歌舞伎てえよ…

桜が全部散った時が俺の命日だから早く花見したい。(余命幾ばくも無い)

 

ところで、新入社員たちはもうちょっとで働きはじめてから1週間ですね。お疲れさまです。どうですか、飲み会とかあったり、これからあるんじゃないですか?

前の職場は死ぬほどつまらないメンツで仕事の話しかしない死ぬほどつまらない会話のなかで死なない程度にビールを飲まされていたんだけど…

 

(心が)慣れない集団で居酒屋行ったときの「とりあえずビール」って地獄じゃないですか?デキる男子は、男は問答無用でビールという前提条件を無言で振りかざした上で「女子は?」とだけ聞く。

聞いてくれ、俺の気持ちも。ジェンダーフリーでよ。

 

とりあえずビールじゃないんだよ!何を生き急いでいるんだよ。即座にアルコールが入らないと会話というコンテンツはご利用になれないのかよ。毛穴からビール飲ませるぞ。俺ビール飲んだときウンコ食った犬みたいな顔すんだよ。よしてくれよ。

店員も席に着いた瞬間もうビールの手になっちゃってるじゃん。

注文する機械のやつ絶対「ビール」×「人数」のカップリングでスタンばってるじゃん。

 

とりあえずチューハイっての、腰が抜けるほど流行らなかったな…

 

ワーワー書いたけど、ビールが一番早いし団体で乾杯するならやっぱビールなんだよな…やむを得ねぇな… 

ビール飲めないわけじゃないんだよ、でも舌が赤ちゃんだからよ…カクテルが好きなんだよ…

 

 

花見したいという感情とゴールデンウィークの予定がスカスカな事に対して並々ならぬ焦りを感じつつある。そんな2017年春です…

新生活攻略ガイド

そんなものはない。

 

気が付いたら4月ですよ。4月。気持ち的にはこの前に年越したばっかりじゃねえ?って感じなんだけど…いやもっと言うと俺の精神は中学生から成長しなくなったんだけど…

エイプリルフールも「彼女ができました」とかいう脳が嘘だと即断する嘘をついたら実は去年も同じ嘘ついてて本当にボキャブラリーがないなって思った。

4月3日から新社会人になってしまう哀れな人たち生きてるか?実を言うと俺は働きたくなさ過ぎてちょっと泣いたことがあるんだけど。どう?泣いてる?

ちょっと泣いたって認めたくなくて体内の塩分を体外に排出するために目から塩水だしたっていうか…ウミガメなので…

 

働きだすと”お前よくその年齢までブッ殺されずに生きてこれたな”っていう人がたくさんいるのでね、上司とか満員電車でイキってるおっさんとかね…

人間は鉄アレイで殴り続ければ死ぬという事を頭の片隅に置いておけば、どんな嫌な奴と接しても最終的には勝てる(殺せる)ので、多分ろくでもない会社に務めて働き続けるよりも刑務所の中のほうがね、よっぽど生産的だと思うしね…

いや、本気にしないでくれよ殺人教唆の罪で捕まっちまうからな俺が。捕まったらテロップで「部屋から大量のフィギュアが」って出ちゃうし恥ずかしい…

あと学生時代の話とか聞かれたらろくでもないエピソード話されたりしちゃうし自分で作った自分のコラ画像を地上波で流されるの恥ずかしい…婿にいけなくなる…

 

 

ところで、俺は昔からサザエさんちびまる子ちゃんが嫌いだったんだ。なぜなら俺が年くってるのにこいつらは何一つ変わらない不変の生活を延々と繰り広げているから。

アニメのキャラクターにジェラシー感じてる時点で人間として器が小さいのはわかる。To LOVEるの主人公がラッキースケベのハーレム天国を築いていることに対してとかじゃなくて、サザエさんとかの存在自体を否定している感じになってるのキてるな。

 

最近になってサトシ(ポケモン)に対しても似たような感情を抱きつつある。俺がまだインターネットを知らないピュアでキュートなモテカワスリムな幼稚園児だったころにポケモンのアニメがはじまった。

そう、サトシは俺が幼稚園児だった頃からポケモンマスターを目指していたはず。

オープニングのめざせポケモンマスターでは「ポケモンマスターになりたいな、ならなくちゃ、絶対なってやる」などと強迫観念に駆られていたくせに20年ちかく肩に電気ネズミを載せて全国行脚をしているだけではないか。その事に気付いた俺はサトシに対して並々ならぬ嫉妬を覚えた。行く先々で毎度毎度違う女をはべらせている姿は、さながらホストのようだった。俺は絶対ビック(ポケモンマスター)になるから応援してくれと甘言を吐き、女に貢がせる。足がつく前に場所を移し次のカモを見つける…サトシ…許せぬと思わぬか…?

取り乱しました…

 

新社会人になる皆さん、ムシャクシャして会社のウォシュレットの水圧を最強にした状態で立ち去ると、不特定人物のケツの穴をズタズタにすることができるので、絶対にやらないでください

 

非リア事変

友情とは脆い均衡の上で成り立っている・・・

 

昨日、事件が起きた。

3人の非リアオタクが集まった(隔離ともいう)グループLINEでのことだった。

普段は海外女優(主に子役)とかコスプレイヤーの画像を貼り付けたり下品な話をする蠱毒の壺のようなグループで、全員もれなく親しい女性の影がなく謎の安心感があった。もはや桃園の誓いを結んだ劉備関羽張飛の生き写しと言っても過言ではなかった。(過言)

 

ところが昨日「彼女できたわ」という発言と共に、これまで見たことのない笑顔で女性とツーショットを撮っているオタクの画像が送られてきた。

そのオタクには見覚えがあった。このLINEグループのオタクの1人だった。俺は狼狽した。血が頭に流れていくのを感じた。なぜならこいつはその前日に「ヌエ 相席屋 行く」って言ってた(何故かカタコトで)。だから24時間の間にいったい何が起こったのか理解ができなかった。

いったいどういう事なのか、これがマジなのかオタク達をあざ笑うための嘘なのか真偽が不明すぎていた。ついでに言うとその女性が今まで会話に出てきたこともない登場人物だったのと性欲がバカみたいに強そう(失礼)だった事もあり余計に混乱した。

 

様々な思考を巡らせ、俺は狼狽しながら「2秒でわかる嘘をつくな」と発言した。画像の添付から1分は経過していた。

俺ともう1人のオタクは正気ではいられなかった。見返すと必死感がすごかった。

f:id:nu26e:20170326235836p:plain

酔っぱらっているのか、明確な答えが返ってこないうえに「ごめん」とまで言われると一気にマジ度が上がってきてなすすべがなかった。

劉備関羽張飛かと思ってたら劉備呂布張飛になっちゃったみたいな、そういうパワーバランスの崩れ方をした。

 

こわれる!こわれる!オタクは彼女できた途端に遊んでくれなくなるから!オタクは彼女ができると途端に日常ツイートしかしなくなる。

これは童貞独自の研究・分析を重ねた結果、恒常的に三大欲求である食欲・睡眠欲・性欲が満たされているため、オタクはオタクとしての機能を失い、真人間へと変貌を遂げてしまうのではないだろうか。オタク、遊んでくれオタク。

最近同年代よりも後輩と遊んでることの方が多いのでは…

 

 

結局、今日の昼頃には正気に戻っていて「ごめんうそw」との事だった。

 

 

正直そのころにはどうでもよくなっていた。