ゴリラ農園

霊長類としての尊厳を守るためのブログ

心のアンチエイジング

 先月の話になるが、後輩たちに誕生日を祝ってもらった。

その際に「幼児退行セット」と称してプレゼントを貰ったのだが、歳を取ったお祝いで何故かふりだしに戻るアイテムを貰うというバグが発生する。

小倉唯の写真集、哺乳瓶、大人の粉ミルク」と3つのアイテムから導き出される答えは小倉唯をママと見立てて哺乳瓶で粉ミルクを飲めということだろう。

しかし、待って欲しい。

 

小倉唯のファンではない。

 

上坂すみれの写真集を送ってきたり、二度にわたって竹達彩奈の写真集を送りつけてくるオタクもいるが、どちらもファンではない。普段から声優に対して声を大にしてブヒっている面影もないのに何故こうも声優の写真集を送りつけられるのか疑問である。

ついでにいえば、竹達彩奈の写真集を送りつけてくるオタクに関しては俺に安産祈願のお守りを渡してきたりするサイコパスなので法で裁いて欲しい。

 

 小倉唯の写真集はともかく哺乳瓶ならびに大人の粉ミルク。特に哺乳瓶に関しては今後所持しなければならないという事実が一番キツいのだが、本体に貼り付けてある「おっぱいを飲むカタチ」というシールがこざかしい上に、シールの写真のせいでキャップの中に隠れている乳首が露呈されてんじゃんこの変態哺乳瓶が。

 

f:id:nu26e:20181001211521j:image*1

 

 誕生日を祝ってもらってからしばらく経過したとある日、

帰宅後に洗濯するために着ていたものを脱ぎ捨ててパンツ一丁になっていた際にふと、幼児退行セットの入った紙袋が目に入る。

計らずして良質なテイスティングを行うための態勢が整っている…

千載一遇の幼児退行チャンスを無駄にするわけにはいかない。

そう思いミルクを作成する運びとなる。

 

水で粉ミルクを溶かして振るときたねえ米のとぎ汁みたいな色の汁になって見た目が最悪。

f:id:nu26e:20181001211526j:image

ぬるい水で作ったプロテインは不味いという話を聞いたことがあるので、作成後に少し冷蔵庫に入れて放置。その間もパンツ一丁だった。

 

 粉ミルクが冷えたところでいよいよテイスティングとなる。全くといって気持ちが高揚しない。

なぜなら…変態行為だから…

 

写真集を手に取りページをめくると小倉唯が脳になだれ込んでくる。ほどよいページを開いたまま哺乳瓶を口にすると、冷えた粉ミルクが口にチョビチョビと入ってくる。

哺乳瓶ってこんなにも飲みにくいんだなという気持ちと、年下の声優を見ながら哺乳瓶で飲む粉ミルクはこんなにも不味いんだなという情けない気持ちになる。

 

チョビチョビと哺乳瓶の乳首を吸うようにしないと内容物が出てこないので、俺はパンツ一丁で写真集を見ながらチョビチョビと哺乳瓶の乳首を吸っている。

味もヨーグルト風味とのことで、酸味がある。

 

母乳って…こうなの?

 

牛の母乳なら普段から飲んでるけど人間の母乳に関しては物心ついてから飲んでいない。そもそも物心ついてから飲んでいる奴は歯止めが効かないくらい変態。

 

 「絶対牛のほうが母乳美味いわ。俺もう牛の子でいいよ。」など粉ミルクを母乳に置き換えるほど脳が混乱している状態で、粉ミルクの味について考えることで自身の行っている行為に対する感覚を麻痺させていた。

 

 

しかし、半分ほど飲み終えたところで小倉唯は俺の母親だったということに気が付く。

この人から産まれてきたんだという架空の記憶によって脳を誤魔化すことでしか自分の心を守ることができなかった。

 小倉唯の息子である俺はここで初めて産声を上げたのだ。

 

 

殺してくれ…

*1:栄養機能食品は心の疾病に対して機能するのだろうか。

チェキを撮れよ

 先日、久しぶりにコンセプトカフェへと行った(サクセスストーリー)

メイド喫茶とかに行ったことない友人が行ってみたいからという理由で行ったんだけど、お前彼女いるだろ。遊びじゃねえんだぞ。

 

 元々は、そいつがぽっちゃり喫茶とかいう耳ごこちの悪いところに行きたいと言っていたのだが、当日調べたところ”ぽっちゃり”という単語は枕詞にすぎないという事が判明したのでビビって断念することに。

 

 秋葉原でよくメイド喫茶などのキャッチがいるような通りを歩き、好みで選ばせたところ比較的クラシックなメイド服のメイド喫茶のキャッチに惹かれて簡単に店へと足を踏み入れていた。

 

店に入ると先客の女の人が1人いて、猫耳のカチューシャを付けているのが目に入る。

お、仕上げてきてんな

そう思っているとカウンター席に通される。初めてということなので店のルール説明があり「店員に触れてはいけない」「店員の写真を撮ってはいけない」等のすでに俺の魂に刻み込まれているようなルールを説明される。

 

どうやらここの人たちは魔法で人間の姿になっている猫という設定らしく、注文するときは「ニャンニャン」で呼んでくださいと言われ、ニンニンするところは行ったことがあるがニャンニャンするところは初めてなので、気が動転した。注文する時点でのハードルがバカみたいに高い。

 

 一通り説明が終わると、魔法をかけるから目をつぶって下さいと言われ

ちょっとドキドキしながら目をつぶると頭に何かを装着された。

はぁ~~なるほど

完全に理解した。

あの先客は仕上げてきているわけではなかったのだ。

そう仕立て上げられていたのだ。

 

いま起きている事実をネタに昇華しなくてはと思い、猫耳を装着させられた旨をツイートしたところ、猫耳をつけている状態で自撮りをしろと言われたが絶対に視認したくなかった。

頭についている物体が猫耳のカチューシャであると視認しない限り、それは猫耳カチューシャではない。そう言い聞かせることでしか正気を保つことができなかった。

 

 メイド喫茶などには「ご飯ものとドリンクと好きな店員とチェキを撮る権利」がセットになったお得な初心者用セットのようなものがあるのだが、俺はこれを友人に注文させてチェキを撮らせたかった。

しかし、彼女にバレたら怖いなどという意味のわからない事を言い出したので俺の夢は叶う事がなく非常に残念である。

 

普通にフードメニューを注文することになり、俺がナポリタンを頼むときに「ニャポリタンで」って言ったら「え?」みたいな反応されたのかなり傷ついている。

俺が悪いんか?

 

その後とくに何事もなく1時間が経過し、退店する際に頭に装着させられた異物を取り外すと黒い猫耳のカチューシャだった。よかった。これを付けている自分を視認しなくて。

 

 これは本当になぜかわからないのだが、退店後さも当然の流れかのように2軒目のコンセプトカフェを探し始めた。店員も可愛らしくお口直しが必要な店ではなかったのだが、もっと変わったコンセプトの店に行きたいなどと言い出している。

 

忍者じゃん。忍者しかいないよそんなの。

 

そう思っていると巫女の格好をしたキャッチがいる。

これこれ!そうだよ、こういうのでいいんだよ。みたいなテンションで普通に店まで案内してもらい2軒目の店が決まる。インターバルを挟めよ。怪我するぞ。

 

 1軒目よりも小ぢんまりとした店内なので、カウンター席に座るとほぼマンツーマンにような感じで接客をされる。

メイド喫茶はわりと放置プレイが多い印象なので、会話したい場合などはこういうところの方がいいですよ。

メイド居酒屋とかいう…メイドがステージで歌って踊るおかげで飲み放題なのに酒を運ぶ人間がいなくなりメニューもなかなか来ない店があるんですけど…そこより断然いいですよ。

 

 席についてくれた巫女がゲームがワカる人だったのでゲームの話ばかりをしていたんだけど、友人が「あっちのほう(店の奥)には何があるのか」とかしきりに店の構造を聞き出そうとしててこいつ強盗の計画立てようとしてんのか?感がすごかった。

素直に不審です。本当にありがとうございました。

 

 結局その店でもチェキを撮ることはなかった。あれだけ楽しく会話をしたのにチェキを撮ることはなかったのだ。

屈辱である。

一緒にコンセプトカフェへ行った人間にチェキを撮らせて罪を現像させることを何よりの生きがいとしている身としてはこれ以上ない屈辱である。

 

 

チェキを撮れよ。

文章力のリハビリ

ランチパックを朝に食べ続けていた反動で言語中枢を失ってしまったためブログを書けていなかった。

 

完全に夏になったわけだけどいつも通り夏コミに行く以外の予定がまるでない。

 

 夏と言えば海だけど、海も既に沖縄でナマコが沈殿した海に入って泳いだし、俺の海パンめっちゃオレンジだから後で浜辺で大の字になって寝てる写真を見返したらライフセーバーの水死体かと思っちゃった…海に行き慣れていない奴は海パン選びのセンスが欠如している。

別に海に行きたいわけではないんですけど、そもそも群馬には海がないし、海にはサメがいるので。でも強いて言えば海の家に行きたい。

1000円の焼きそばとか食いたい。小汚い小屋の中で99円で売ってるような焼きそばを食うために1000円払いたい。海の家に住民票を移したい。全部嘘です。

 

 海の何が嫌って義務教育の一環として彼女ができているオラオラタイプの不逞の輩みたいなのが闊歩してるじゃないですか。イメージですけど。

「普段から日サロで焼いてますw」みたいな照り焼きヤンキー見るとね、委縮しちゃうんですよ…”魂”が…

俺は日焼けしてもミディアムレア程度にしか焼けないので「なんだその肌のRGB値は?」って照り焼きヤンキーに言われるんでしょ…海って。

 

 

 毎年恒例みたいにオッサンが「海を撮影してました」っつって盗撮で捕まってるけど、海を撮っていただけだから水着の女がカメラに映ったのは水着の女サイドに責任があるみたいな、ワンテンポ遅れて気が狂ってる言い訳ができる大人はカッコいいですよね。

 

 俺も最近よく思い返すことがあって、まあ街コンの話なんですけど。プロフィールカードの好きな芸能人を記入する欄に強気にも橋本環奈と書いた時の、出会い頭に鼻を殴る行為に近いプロフィールカードを仕上げた時の話なんですけど。

 

あの時に唯一、勇敢にも橋本環奈に触れてきた若い女に「あれ、橋本環奈に似てません?」って返してたらどうなってたんだろうって思うんですよ。そこまで頭と舌が回らないし何言ってんだコイツって思われて頸動脈を切られて殺されるんだろうけど。ぜひこれから街コンに行くよという人には是非この汚いやり口を使ってみて欲しい。責任は一切取らない。

 

結局のところ夏休み、カーテンを閉め切った部屋で昆虫ゼリーを食べるくらいしか予定ないですね。

沖縄に初上陸した話②

 沖縄2日目はかなりアクティブな活動をした。

といってもカヤック体験で、カヤックを漕ぎながらインストラクターがマングローブの説明をしたりシオマネキの生態について語ってくれるくらいで小中学生の知育を刺激するようなものなので、激流の川を下るなどのものではない。

 

川なのか海なのかよくわからない場所でウロウロとカヤックを漕ぎつつインストラクターの小話がかなりの頻度で入ってくる。

 

正直、あまり興味がなかったためシオマネキばかり見ていた。シオマネキは”ハサミのデカさが男のデカさ”みたいな世界で生きていて、ハサミを振ってメスの気を引くらしい。チンコがデカい奴がモテるという話に置き換えると恐ろしい話ですね。

それはさておき、俺はマングローブの話をされている時にシオマネキに対してチョキをかざしていたのだが、大抵のシオマネキは外敵と認識して巣穴へと逃げて行く腰抜けだったが、一匹だけ俺のチョキに対して己のハサミを突きつけてくるシオマネキがいた。俺は怖くなった。俺はいつかこいつに殺されるのかもしれない。

 

 たのしいカヤックが終わり、海に行こうという話になる。インストラクターはハートロックという沖縄の名所について教えてくれたが

彼女と来た時に行きな

などと言っていた。男7人(1人彼女持ち)だけ沖縄に来ている時点で彼女がいないという悲しい現実を察して欲しい。ifの話が重すぎる。デートスポットに関しては全てムダ知識。脳の容量をそんなものに割けない。

 

適当に海に行き、肩まで海に浸かると寒かったのですぐに出た。

日頃から外に出ていないので焼こうと思って大の字になって寝ていたが、全然焼けない。米兵よりも白い。風も吹いていたので鼻の穴に砂が入るので焼き加減はレアで終わり。

 

ファミリーやカップルが市民プールレベルの規模で存在しているなか、泳ぐのは忍びないなと思いながらもゴーグルを付けて泳ぐと、さっきは気付かなかったが、足元に極太のナマコが大量にいる。女の子のように泣きそうになった。ナマコ、意味が分からない。生きているのか死んでいるのかもわからない恐ろしいクリーチャー。

ナマコにビビり散らかしていると、1人がナマコを拾い上げていた。それが人間のすることかよと思っていると、ナマコが水を噴き出し「ヒャアア~」とか弱い声をあげていた。その後、そいつにナマコを投げつけられクソデカい声で叫んでビーチを不穏な空気にしてしまったのだが俺は悪くない。

 

 ひとしきり泳いだ後、疲れ切った身体を癒すために我々一向は温泉へと向かう。ホテルの中にある温泉なのだが、ホテルの横で台湾夜市を開催していて大変混雑していた。が、我々の目的は温泉なので何の問題もない。と思っていたら、温泉で立ち湯という立ったまま温泉に浸かれる場所があり、立ち湯からは外が一望できる。

頑張れば台湾夜市の参加者に乳首くらいは見せることができるくらいの距離感で。乳首を見せるも見せないもこちらの一存という事実に謎の優越感を抱いた。

 

あとの沖縄の記憶はあまりない。3日目に行った美ら海水族館ですごく可愛い外国人姉妹がいた事に脳の容量を使ったので…

沖縄に初上陸した話①

 ゴールデンウィークは死んだ。その現実を受け止めるのには時間が必要だった。

不屈の意志で上司を殺害もしくは会社を爆破することなく無事に9連休することに成功し、以前から予定していた沖縄旅行に行くことができた。命拾いしたな。

 

 沖縄のイメージとしてはいつどこにいてもこんな感じの歌が聞こえてくるような陽気な島で、しかもバチカン市国に毛が生えた程度の広さの島だと完全にナメくさっていた。

 

 しかし、実際に沖縄に行ってみると結構デカいし完全に田舎。海に囲まれたデカい田舎。教科書で見たような家がない、俺の沖縄知識は教科書とちゅらさんしかないのだ。想像していた沖縄はそこにはなく、群馬県の一角にもありそうな田舎の光景が広がっている。

沖縄に対して事実上落胆しながらも空港でA&Wというバーガーショップに行く。どうやら沖縄にしかないファーストフード店らしい。たしかに街中にマクドナルドがなかったような、そもそも意識してなかっただけかわからないがA&Wの分布は感じることができた。マスコットキャラは小汚いクマなのだが、妙に愛嬌がある。

A&Wルートビアがお代わりし放題らしく、旅行しているメンバーの中でバーガーセットのドリンクをルートビアにしている人が何人かいた。俺の記憶が確かであれば、ルートビアは高校生の時に沖縄旅行に行った同級生がお土産として買ってきたクソ不味いドリンクに違いない。ルートビアを頼んだ奴の泣きっ面が見たいため俺は何も言わなかった。

湿布の味がするから飲んでみろと言われ、確かに湿布の味がしたことを確認してトイレに流してしまったあのドリンクが飲み放題という誰が得をするのか理解できない。

A&Wで腹を満たすとレンタカーの人が空港まで迎えに来てくれた。恐ろしいほど不愛想で、南米の陽気な運転手を想像していた身としてはショックとしか言いようがない。

 

 

 初日の予定は、沖縄到着→琉球ガラス作り体験→宿に帰るという修学旅行のようなスケジュールで行動していた。

問題の琉球ガラス作り体験だが職場体験のようにほんわかした雰囲気ではなく、体育会系のガラス作り体験だったのだ。運の悪いことに体験する順番が1番最初になってしまい完全に道化と化し、途中までヘラヘラしながら熱したガラスを吹いたりなんかしていたのだが最終工程は自分の力で仕上げなくてはならない上、最終工程の指導者が超スパルタ

左手は棒を回して右手は徐々に力を緩めるんです!という敬語が全て枕詞に感じるような指示に対して、脳の処理が追い付かない。左手で〇を描いて右手で△を描くみたいなことをやらなければならない。迅速に。ガラスが固まるから。

脳が処理できず、何度もやり直しをくらってしまう。左の棒を回す作業に注力すると右手がおろそかになり、右の力加減に気を使いすぎると左手が止まってしまう。そして何よりも指導者がスパルタなので緊張感がスゴい。

ちょっとミスると即ガラスを取り上げられてガラスを再加熱され、再加熱中に左手は棒を回して右手は徐々に力を緩めるんです!というロード中に出てくる豆知識を何度も繰り返し頭に叩き込まれていく。

感情を恐怖で支配され、心の中で半べそになりながらも一応仕上げることができてようやく解放された。努力の結晶であるグラスは実家に置いてきた。嫌な思い出としてよみがえりそうなので。

 

 

初日はレンタカーのフロントガラスが割れたりしたけど続きはまた記憶があるうちに書きます。

電車とかいうラブワゴン

4月から雑兵新社会人になった民たち、まだ生きてるかな?動いてる電車と触れ合って運行ダイヤに干渉してないかな?何度でも言うけど俺は働きたくなさ過ぎて家で独り泣いたことがあるから気を強く持って欲しい。電車を止めるなら夜じゃなくて朝にして欲しい。 

 

 フレグランスボディーソープを使い続けてはや2ヶ月、樹液がダラダラと溢れ出る大木のような存在といっても過言ではない。つまり、樹液にむしゃぶりつくカブトムシ(♀)がいても何ら不思議ではない。それがどうしたことか、袖口にテントウムシが止まっただけで他の生物は俺に集まってくることはなかった。やはりおじさんしかいない環境では無意味なのか。電車でも特に他人と密着するほど満員じゃないしな…

 

  電車といえばこの間、迅速かつマイルドな痴漢?を見た。降車する際に人混みに押された際の不可抗力を装い手の甲をケツに擦らせる現場を見てしまった。恐ろしく速い痴漢、俺でなきゃ見逃しちゃうね。仮にマジで不可抗力だとしてもこのご時世に手をケツの位置にしている時点でクロだと思われても仕方がない。

あとずっと自分の乳首こすってるおっさん見たんだけどアレは何?どういうカラクリで動いてんの?変質者ではあるけど自分の乳首こすってるだけで犯罪になるほど生きにくい世の中ではないよな。

 

俺は満員電車で異性が近くに立った時点で「もしかしたら俺のことが好きなのかもしれない」という感情のスタート地点から始まる上に、隣に座られでもした時には「自由恋愛に発展したな」という感情になるので近付かないで欲しい。危険ですので。

 

  痴漢に話を戻すけど、わりと知り合いも痴漢された事があったりするらしくて、知らない間に電車内でそんな出来事が起きていると思うとフェアではない。俺のケツと痴漢されてる人のケツを交換してやりたい。痴漢に痴漢した時に最終的に誰が悪くなるのか知りたい。

 

電車で痴漢されている女性を見分ける術とかないのか?でもわかるよ、いきなりケツ触られたら怖くて身がすくむのは。ウチで飼ってる猫もそうだったよ。ありえんほど目を見開いて威嚇してきたけど。

 

そもそも小学生の頃とかは防犯ブザーとか持って武装してたのに社会人になったらノーガードになるのなんなんだこの社会。俺がずっと他人のケツ監視してればいいのか?逆にもうそれが痴漢じゃん。「あの人ずっとケツを舐め回すように見ているんですけど…」って警察に突き出されたらイエスとしか言えないわ。刑務所の中でウンコを獄中出産し続ける哀れなピエロに俺はなりたくねえよ。

 

そもそも痴漢を吊り橋効果に使うという発想がダメなんだけど、もうここまで来るとそういう数奇な出会いでしかもうダメなんじゃないかって思い始めてきた。

吊り橋はどこだよ。

 

2018年のトレンドは白米弁当男子

 昼飯に弁当屋のインド人(ターバンを巻いているからという理由でそう思っている)から弁当を買い続けはや数か月。これ、毎日弁当代で500円払ってるけど高いなという事に気が付く。

 

インド人に毎日貢ぎ続けた結果、弁当を買わなかった日も買った感じの態度で「イツモ アリガトネー!」と接してこられてしまい罪悪感を感じたことがある。

それ以来、弁当を売り終えて姿を消すまでは弁当屋の前は通らないようにしている。

何ならおつまみ程度の雑談を交わすことすらあるし、ペルソナであればコミュレベルが6くらいのポジションになった今、俺は昼飯の自炊をはじめた。

これはインド人に対する反逆に他ならない。

 

今年に入ってから1度もコンセプトカフェに行っていないのにも関わらず俺の財布は息絶えそうになっていた。AEDも効果なし、給料日までにできる延命措置は食費を削ることだけだった。鬼のように低い手取りをよそにブログを書いている場合ではなく転職サイトを見るべきなのだが、転職サイトを見るだけでも精神力が削れていくため致し方なし。

 

 しかし、そもそも弁当を作ったことがないので、弁当のノウハウがまるで存在しておらず、白米さえ食べれば餓えに苦しむことはないだろうという気持ちだけが俺を突き動かしていた。

炊きたてのご飯(2合)をタッパーに詰め込み、申し訳程度に昆布を置き、弁当を完成させた。

だいたい日の丸弁当だな。

”やりきった感”に包まれながら昼食を心待ちにした。自分で手間をかけて作ったものは美味いに違いない。白米と昆布の乗った貧相な弁当に対してハードルの高さが異常であった。

 

 昼になり、コソコソとタッパーをレンジに入れに行く。ほぼ白米オンリーの気狂い弁当である自負はあった。

 思い返せば高校生の時、原則バイト禁止という校則に完全に屈していため、月のお小遣いと昼飯代だけで遊びに使う費用をやりくりしていた。

しかし、部活を辞めさせられる原因ともなったガンダムバーサスシリーズがゲーセンで稼働真っ盛りだった時期は100円をジャブジャブ使っていたため小遣いは即座に使い切り、ログインボーナス代わりに貰える昼飯代の昼飯にあてる金額をいかに減らすかということに注力し、当時もこうして学食にあった白米単品に食堂に置いてあった塩をかけて食べていた。

白米がメニューとして存在しているくせに白米を頼むと学食のおばちゃんが怪訝な顔をするのを覚えている。

食堂でカレーばっかり食ってるイケメンをカレー王子と呼んでいた脳みそサフランライスの女子、元気してるかな。

 

学食のおばちゃんの怪訝な顔を思い出しつつレンチンを終え自席に戻ろうとすると、買ってきた弁当を食っていた人にホカホカの白米がパンパンに詰まったタッパーを凝視されてしまった。何だこの白米ピエロはという顔をしていた。

もしかして白米をご存じない?その弁当にも入ってるけど…その白米と俺の白米、交換してやってもいいけど、どうする?

 

 弁当を食いはじめて間もなく、昆布が消滅した。白米を彩るアクセントとして鎮座していた彼はもういない。タッパーの中には白米。白米on白米。シベリアのように白いタッパーになっていたが、デキる男なのでふりかけを持ってきていた。のり塩ポテチ味のふりかけとおかかのふりかけ。攻守兼ね備えた隙がない立ち回りで白米を翻弄していく。

 

2合の米を食べ進めていくと徐々に疲労を感じるようになる。オカズ0に対して明らかに米が多い。何がライザップだよ馬鹿野郎。糖質制限中の人間の前でこそ一番美味く食えるんじゃないかこの弁当は。アツアツの焼き肉、ホカホカのご飯、そして糖質制限中の人間が揃えば最高のご飯になると思わないか。そうこうしているうちにつらい戦いは終わった。

 

 白米弁当について「平成の弁当はもっとカラフル」という辛辣な意見を貰う。心が折れそうだ。

一瞬、のりたまなら弁当をカラフルにするだろうという安直な発想に至ったが、ふりかけは所詮ギリースーツを着た白米に過ぎない。本質が白米であることには変わりないのだ。そもそも節約するために白米オンリーイベントを開催しているんだった、そうだった。

アイディアを得たく、ズボラ飯を調べても、言うほどズボラではなく自分を過小評価しすぎているものばかりで、本当にズボラであれば調理という過程を一切行わないはずだ。ズボラな奴は包丁もフライパンも握りたくないんだよ。ズボラエアプか?真のズボラ飯を知りたい。

 

 

俺が焼肉屋の換気扇の下で臭い嗅ぎながら白米食べていたら遠慮なく殺してくれ。